株式会社マースグループ ホールディングス マースグループ ホールディングスロゴ
企業情報イメージ

企業情報 >> 沿革

沿革

昭和49年09月 東京都新宿区新宿において、各種電子機器の設計・試作並びに製造・販売を目的として株式会社マースエンジニアリングを設立。
昭和50年12月 カシオ計算機株式会社とシステム機販売特約店契約を締結。
昭和55年08月 遊技場向け景品管理システムを開発し、販売を開始。
昭和56年10月 日本電気株式会社とオフコン販売取扱店契約を締結。
昭和60年02月 玉計数機を開発し、販売を開始。
昭和62年10月 日本信号株式会社と小型磁気カード・リーダ・ライタの開発、製造並びに販売に関する契約を締結。 カード式景品管理システムを開発し、販売を開始。
平成元年10月 静岡県御殿場市に東富士工場を開設。
平成02年10月 自動払出システムを開発し、販売を開始。
東富士工場を増築。
平成04年03月 会員管理対応景品管理システムを開発し、販売を開始。
平成05年03月 静岡県三島市に技術センターを開設。
平成05年11月 日本証券業協会に株式を店頭登録。
平成06年07月 ホールコンピュータを開発し、販売を開始。
平成07年10月 静岡県御殿場市にテクノ流通センターを開設。
平成08年07月 国際標準化機構の品質管理に関する規格「ISO9001」の認証を取得。
平成08年08月 パーソナルシステムを開発し、販売を開始。
平成08年09月 東京証券取引所市場第二部上場。
平成08年11月 当社のアンテナショップとしてパチンコホール経営を行うために設立された株式会社エー・エム企画を当社グループの関係会社とする。
平成08年12月 本社屋が完成し、本社を現在地に移転。 不動産管理及び総合リース業を目的とした株式会社マースコーポレーション(現・連結子会社)を設立。
平成09年04月 静岡県裾野市に技術センターを開設。
平成09年10月 島補給工事に技術力のある浅間産業株式会社を当社グループの関係会社とする。
平成10年07月 パチンコサイクルカードシステムを開発し、販売を開始。
平成10年09月 浅間産業株式会社が株式会社アサマエンジニアリングに商号変更。
平成10年10月 ビジネスホテル業を目的とした株式会社ホテルサンルート博多を設立。
第三者管理を行うカード管理会社として株式会社カード情報管理センターを設立。
平成11年04月 ホテルサンルート博多が完成。
平成11年08月 プリペイドカード事業としてのサイクルカードシステム(K1)の販売を開始。
平成12年07月 パチンコ周辺機器に技術開発力のある株式会社ウインテックを当社グループの関係会社とする。
平成12年09月 東芝ケミカル株式会社からICカード・無線タグの製造に関するRFID事業を譲受け、販売を目的とした株式会社エムアンドティ・カードテクノロジーを設立。
平成12年12月 株式会社エー・エム企画は、所期の目的を達成したため、営業を休止。
平成13年11月 株式会社エムアンドティー・カードテクノロジーRFID事業の一部を当社に移管。
平成14年01月 株式会社エー・エム企画を解散。
平成14年03月 株式会社カード情報管理センターが株式会社エムアンドティ・カードテクノロジーを吸収合併。
平成14年04月 株式会社カード情報管理センターが株式会社マーステクノサイエンスに商号変更。
株式会社アサマエンジニアリングが株式会社マースラインテックに商号変更。
平成14年10月 東富士工場を増築。
平成18年01月 商材の企画立案及び拡販を目的として株式会社マースフロンティアを設立。
平成18年02月 パーソナルPCシステムを開発し、販売を開始。
平成18年03月 東富士工場を増築。
平成19年02月 情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格である「ISO27001」の認証を取得。
※平成21年2月「ISO27001」の認証資格が子会社である株式会社マースネットワークスへ移りました。
平成19年07月 昭和情報機器株式会社と業務及び資本提携。
平成20年04月 株式会社マーステクノサイエンスの第三者管理事業を会社分割し、株式会社マースネットワークス(現・連結子会社)を設立。 パーソナルPCシステムIIを開発し、販売を開始。
平成21年03月 環境マネジメントシステムの国際規格である「ISO14001」の認証を取得。
平成21年12月 株式会社東研と業務及び資本提携。
株式会社ホテルサンルート博多が株式会社マースプランニング(現・連結子会社)に商号変更し、本店を東京都新宿区に移転。
平成22年04月 株式会社マースコーポレーションの不動産事業の一部を株式会社マースプランニングに吸収分割。
平成22年10月 当社のホテル関連事業を株式会社マースプランニングに吸収分割。 マースガーデンウッド御殿場が完成。
平成23年09月 株式交換により、株式会社東研の株式を取得し、完全子会社化。
平成24年02月 株式会社マーステクノサイエンスが株式会社東研を吸収合併。 株式会社マーストーケンソリューション(現・連結子会社)に商号変更。
平成24年03月 株式会社マースラインテックを解散。同社の事業を株式会社マースフロンティアが承継。
平成24年07月 株式会社ウインテックが株式会社マースウインテック(現・連結子会社)に商号変更。
平成26年07月 株式会社マースプランニングが東京銀座及びホテルサンルート博多に直営レストランを新設。
平成27年04月 株式会社マースフロンティアを解散。同社の事業を株式会社マースコーポレーションに移管。
平成27年10月 株式会社マーストーケンソリューションがマース東研X線検査株式会社を吸収合併。
平成28年04月 紙幣計数機を製造販売するコーア株式会社の株式を取得し、完全子会社化。
平成28年11月 当社グループ製品のプレス事業を目的とした株式会社マーステクノファクトリーを設立。
平成30年04月 株式会社マースコーポレーション ラインテック事業部の一部を当社に移管。
平成30年04月 コーア株式会社が株式会社マースコーアに商号変更。
平成30年10月 持株会社体制への移行に伴い、商号を株式会社マースグループホールディングスへ変更。
当社のアミューズメント関連事業を会社分割し、株式会社マースエンジニアリング(現 連結子会社)を設立。